SSブログ
クマはおいといて… ブログトップ
前の10件 | -

おすましココアさん [クマはおいといて…]

cocoa_1.jpg

いぬのきもち』のカメラマンさんに
ココアさんの写真を撮ってもらいました。

カット前のモクモクの時に…

cocoa_2.jpg

おにぎりみたいな頭になってるけど…いいんです。

cocoa_3.jpg

やっぱりプロはうまいなぁ。

衣装持ちのココアさんですが、
お洋服は8割方as know as de wanのもの。
この日のガーリーなレースのキャミもASさんのです。

散歩してるとよく男子と間違えられるんだけど、
この格好なら、おしとやかな女の子に見えるかしら。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

All about TAKO〈葛西臨海水族園〉 [クマはおいといて…]

tako_kouen.jpg

葛西臨海水族園の講演会
All about TAKO 〜タコのこと知っている?〜」を
聞きにいきました。

タコとひとくくりに言っても、様々な種類があって
初めて見聞きするような変わった姿のタコがたくさん登場しました。
その変わった姿を利用した不思議な生態や学習能力など、
聞けば聞くほど驚くことばかり。

これからは水族館だけでなく、
食卓にあがったタコ達も観察してしまうこと間違い無しです。

そして、今、葛西臨海水族園では
I am TAKO 〜ツボにはまるタコの不思議〜」という
企画展示をしています。

葛西臨海水族園は何度も来ているけれど、
レクチャールームでの展示としては、
私が今まで見た中で一番力の入った内容になっていると思います。

IMG_1084.jpgIMG_1086.jpg
IMG_1087.jpgIMG_1099.jpg
IMG_1088.jpg

セットが色々作りこまれていますが、生きたタコの展示もあり
ちょっと触ってみたりもできます。
※タコが触りにくるのを待つかたちなので、タコの気分次第です。

その他、標本など世界中のタコ達が展示されています。

IMG_1095.jpg
IMG_1096.jpg

右側の白い貝はアオイガイという名前のタコの貝殻。
貝殻を持つタコがいるなんて知らなかったよ〜。ビックリ。
しかも、タコなのに名前がカイ

IMG_1097.jpg

貝殻は自分で作るんですって。
で、オスは貝を作る必要がない(卵守らない)からただの裸のタコなんですって、
しかも、超ちっちゃいらしい…
(全部、さっきの講演会で聞いてきた話…)

今回は時間がないので特別展示のとこだけじっくり見て
あとはパパッと簡単に済ませてしまいましたが、
最近新しく入られたダイオウさんにだけは、ご挨拶をしてきました。

こ、こんにちわ。 ちょっとコワイ…

IMG_1100.jpgIMG_1107.jpg
左)ちょっと前に仲間入りしたダイオウグソクムシと(たぶん深海の)エビ。
  サケビクニンと同じ水槽だけど、彼らは水面ギリギリのとこで固まっていて撮影できず。残念。
右)アナに入る、アナゴさん。

飼育員さんに聞いたところ、ダイオウグソクムシは非常に感情がわかりにくくて、
ご飯の時も寄っては来るのに食べないといったことがよくあるそう。変な子。

※葛西臨海水族園には熱帯魚やマグロ、サメのような派手な魚もいっぱいいます。
 地味な魚ばかりじゃありません、念のため。

夏休みもあとちょっとだけど水族館は涼しくて楽しいですよ。
しかも、私が行った時は結構すいてました。土曜日だったのに。
みんな宿題のラストスパートかけてるとこなのかな?
目にも涼しい水族館。オススメです。


日本のタコ学

日本のタコ学

  • 作者: 奥谷 喬司
  • 出版社/メーカー: 東海大学出版会
  • 発売日: 2013/06
  • メディア: 単行本



潜水調査船が観た深海生物―深海生物研究の現在

潜水調査船が観た深海生物―深海生物研究の現在

  • 作者: 藤倉 克則、丸山 正、 奥谷 喬司
  • 出版社/メーカー: 東海大学出版会
  • 発売日: 2012/11
  • メディア: 大型本


レオナール・フジタ展 [クマはおいといて…]

P8211411.jpg

Bunkamura ザ・ミュージアム
レオナール・フジタ展 ~ポーラ美術館コレクションを中心に~
を観に行きました。

P8211420.jpg

藤田嗣治といえば乳白色の女性画。
今回は、大きな物が何点かきていて見応えがありました。

陶器のような滑らかな肌にうっとりして、
恐ろしいほど繊細で緻密な描き込みにぞくぞくする、
その感じがたまらなく好きです。

お得意のネコさん達も、そこかしこにいました。
穏やかなかわいらしい子もいれば、
獲物を狙う恐ろしい表情の子も。
あ〜一匹連れて帰りたい…

P8211414.jpg

そして「小さな職人たち」の点数の多さにも驚きました。
あんなにたくさん一度に見たのは初めてでした。
こちらは、乳白色の女性やネコとは、また別物。
コミカルでユーモラスでデザイン的で、なんて可愛いの〜。

P8211419.jpg

と、いうわけでお土産に連れて帰りました。
ブックマークは6種類くらいあったと思います。

嬉しいことに、8/22まで1階のギャラリーで
藤田嗣治 版画展をやっています。
ミュージアムを見た後にギャラリーにも寄ると得した気分。

---------------------------
レオナール・フジタ展 ポーラ美術館コレクションを中心に
2013/08/10〜10/14
Bunkamura ザ・ミュージアム
10:00〜19:00(金・土 21:00まで) 無休

藤田嗣治 版画展
2013/8/15〜8/22
Bunkamura Box Gallery
10:00〜19:30(最終日 17:00まで) 無休


レオナール・フジタ―私のパリ、私のアトリエ

レオナール・フジタ―私のパリ、私のアトリエ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2011/03
  • メディア: 大型本



藤田嗣治 異邦人の生涯

藤田嗣治 異邦人の生涯

  • 作者: 近藤 史人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/11/13
  • メディア: 単行本



藤田嗣治画文集 「猫の本」

藤田嗣治画文集 「猫の本」

  • 作者: 藤田 嗣治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/07/18
  • メディア: 単行本


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

オバケとパンツとお星さま [クマはおいといて…]

大福さんと二人で
東京都現代美術館の「オバケとパンツとお星さま」へ行ってきました。

タイトルだけでグッと惹き付けられた大福さん。
テンション高めで乗り込みました!

入ってすぐの変身コーナー。
私はとても楽しみにしていたのに、
色々なアイテムを前に、なぜか急に照れだす大福さん。
残念ながら、さらさらっとだけ見て次へ。

obake_to_pantu_1.jpgobake_to_pantu_10.jpg

星のコーナーです。
サイコロを振って出た目をならべてつくる、
でたらめ星座。

表と照らし合わせて文字や数字を書き込んだり、
足し算したりと結構ややこしいんだけど、
一生懸命頑張ってオリジナル星座づくりをしていました。
作った星座はいつかこの会場内で映し出されるそうです。

obake_to_pantu_4.jpg

星の次はオバケのコーナーです。

obake_to_pantu_6.jpgobake_to_pantu_5.jpg

たくさん並べられた絵には色々な仕掛けがあって、
見に来た人達を驚かせることができるというわけです。

こども達みんな、きゃっきゃと楽しそうに
表へ裏へとグルグルしながら
驚いたり、驚かせたりしていました。

obake_to_pantu_13.jpg

ビヨーン。
こんなのもありましたよ。

obake_to_pantu_2.jpg

そして「パンツ」のコーナー。
四方をぐるりと賑やかな絵(ぱんつのくに)に囲まれた部屋には、
真ん中に大きな はだかちゃんの人形があり、
こども達がその上でおおはしゃぎ!

obake_to_pantu_12.jpg
こどもって、なんで一人でこんなにはしゃげるんでしょう。

で、最後にたくさんの布と糸があって、
それを好きなように使って変身するというコーナーがあるんだけど、
また、ここで大福さんが照れ出す…なぜ…

「じゃぁ、ブローチを作ってママのお土産にしない?」と提案すると
「そうしよう、そうしよう」と急にのってきた。

小さなことでもいいから、
ものを作るのは楽しいってことを知ってほしい。
作戦成功。

obake_to_pantu_7.jpg
obake_to_pantu_9.jpg

ママのお土産もできて、大満足。
オバケとパンツとお星さま、全て堪能。

最後のコーナーは、
ワンピース状の物(縄文人の服みたいな感じ)を作って
全身変身してる子がたくさんいました。
その仮装行列みたいな格好のまま帰る子も結構いて、
微笑ましいかぎりでした。

楽しい思い出を一緒に持って帰れるって素敵だな。
こんな体験型の展示がもっともっと増えるといいな、
そう思いました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ダイオウイカ から リトルマーメイド まで [クマはおいといて…]

daiouika.jpg
空飛ぶダイオウ様

先日、上野の国立科学博物館で開催されている
特別展「深海」へ行ってきました。

深海生物って本当に不思議な子たちがいっぱいで、
面白いんですよねぇ。
限られた環境下での進化のしかたに興奮してしまいます。

JAMSTECの潜水艇や調査船の展示も
思ったよりたくさんあって、よかったですよ。

yokosuka.jpg
shinkai6500.jpg
「コレ欲しい」と震えた“よこすか&しんかい”の模型
吊られてる“しんかい6500”がかわいい

今回ビックリしたのが、グッズ売り場の充実ぶり。(そこ?)
だって、いろいろありすぎるんです、深海グッズが…
どうしたんだ科学博物館。

見方(楽しみ方)は色々あると思います。
興味がある方はぜひぜひ行ってみてください。

ちなみに、ダイオウイカの標本は常設の方にいつもいる子(腕が折り曲げられてる)とは
別の子(全身のばされてる)が展示されていました。ということは、一度に2個体見れる!


海つながりで思い出したのですが、
ちょっと前に、劇団四季「リトルマーメイド」も観にいきました。

lettle_mermaid.jpg

ディズニーの映画や、
ディズニーシーのマーメイドラグーンシアターが好きな人は、
みんなつぼにはまると思います。
めちゃめちゃ可愛いです。そして、歌声にうっとり♪

公式HPにあるPV制作現場ドキュメント
ちょっとワクワクしてみてください。
お子様から楽しめる内容なので、ご家族で観るのもオススメです。

夏なので海ネタでまとめてみました。

藤城清治美術館 那須高原 [クマはおいといて…]

fujishiroseiji_7.jpg

突然の那須の旅では、
6月にできたばかりの藤城清治美術館にも行ってきました。

fujishiroseiji_1.jpg

入口ではこんな可愛らしい子たちがお出迎えしてくれます。
バックの緑にネコやこびとが映えますねぇ。

fujishiroseiji_5.jpgfujishiroseiji_3.jpg
fujishiroseiji_6.jpg

こちらの美術館はとてもゆったりと敷地がとってあり、
入口から美術館の建物まで、お庭を少し歩くかたちになります。

途中、とても可愛いチャペルがあり、
藤城清治さんの素敵なステンドグラスを見ることができます。

お庭には、チャペルの他に小川が流れていたり、
ネコさんの案内があったりと楽しい演出がいくつかありました。

fujishiroseiji_4.jpg

そして、こちらが美術館の建物の入口。
カワイイ。

ここから先は撮影できないので写真はありませんが、
まるで夢の中のような美しい光と影の世界が広がっていました。
印刷物とは全く違う表情を見せる作品達は、ため息ものです。

今年できたばかりの作品もいくつかありましたが、
衰えなどまったく見せることなく、
むしろ89歳という重さや深みを感じる、繊細でいて
迫力のある作品ばかりでした。

また、動く影絵をライブで見せる展示もあり、
その仕掛けと想像を超えた展開には本当に驚いてしまいました。

来た人みんなが独特な雰囲気に魅せられること間違い無しだと思います。
那須へ行った際にはちょっと寄ってみてはいかがでしょう。


藤城清治 影絵「デジタルギャラリー 光と影のシンフォニー」 [DVD]

藤城清治 影絵「デジタルギャラリー 光と影のシンフォニー」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • メディア: DVD



藤城清治 銀河鉄道の夜 [DVD]

藤城清治 銀河鉄道の夜 [DVD]

  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2012/05/26
  • メディア: DVD


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

上野動物園の大人気アトラクション? [クマはおいといて…]

先日、久しぶりに上野動物園へ行きました。
甥っ子の大福さんと一緒です。

私 「なにを見たい?」
大福「ヤギ! ヤギさんのウンチとりたいっ!」
私 「・・・?」

とりあえず、ヤギのいる“子ども動物園”へ。
何十回と来ている上野動物園ですが、この日はじめて気づきました。
“子ども動物園”には、誰でも使えるように
ホウキ、チリトリ、ブラシなどが用意されているのです。

で、これがチビッコ達に大人気。
誰かが使っているのを見ると、皆口々に「アレやりたい!」と
ヤギのフン掃除を志願。

フン掃除が大人気なので、あたりはもちろん綺麗に掃除されつくしていて、
いざ、ホウキを手にしても掃くものがありません。
なので、チビッコ達はヤギのお尻のうしろで待機することに・・・

ueno_0695.jpg
待ってましたとばかりにせっせと掃除。

掃除の後は爬虫類館で涼むつもりだったんだけど・・・
あまり涼しくなかったのは何だろう、節電?

でも、そんなことはおかまいなしに
大福さんは一生懸命、イグアナと交信をしていました。

ueno_0710.jpg
わざわざ木から降りてきて、2人でジッと見つめ合うこと約15分。

大福さんと一緒に行くといつもとちょっと違った見方をするので
新しい発見があって面白いです。

あ、パンダとかシロクマとかもちゃんと見てきましたよ。

ueno_0677.jpg

ueno_0719.jpg
タグ:上野動物園

ダイビング旅行のつもりが・・・ [クマはおいといて…]

DSCF8993.JPG

先日、沖縄旅行へ行ってきました!
ダイビング三昧なはずだったのですが、
巨大台風のお陰で急遽予定を大幅に変更しての
バタバタ旅行となりました。

■ 続きを読む・・・


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

あけましておめでとうございます [クマはおいといて…]

nenga2011.jpg

ことしもよろしくおねがいします

紅葉ウォーキング [クマはおいといて…]

先日、「日野市ぐるっと!紅葉ウォーキング」に参加してきました。
コースは8km。
高幡不動尊をスタートし、途中、京王百草園へ寄ったりしながら多摩動物公園まで歩きました。
8kmなんて楽勝楽勝と思っていたのですが、大間違い・・・
「ウォーキング」の名前なのに半分は「トレッキング」状態で、だいぶ頑張りました!

20101127_101750.jpg
とても立派な高幡不動尊。今度またゆっくり見に来たいと思いました。

20101127_104924.jpg
水車小屋とイチョウ。

20101127_113543.jpg
百草園入り口。ちょうど、オペラのコンサートをしている時でなんとも優雅な時間を過ごしました。

20101127_114732.jpg
見事な紅葉がいっぱいです。

20101127_125041.jpg
コースの半分はこんな感じの山道でした。

20101127_131058.jpg
おさるさんの橋を渡ったらその先はゴールの多摩動物公園です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - クマはおいといて… ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます